新築の賃貸物件に注目です。

新築の賃貸物件に注目です。
新築の賃貸物件に注目です。

賃貸物件を借りている場合の更新作業

賃貸マンションやアパートなどを借りている場合、多くの物件が2年で更新になるのではないかと思います。その2年に1回行わなければいけない更新作業というのは、少し面倒な作業ではないかと思います。入居してからであったり、前回更新してから2年経過するする2ヶ月前や1ヶ月前くらいになると仲介業者となっている不動産会社から更新に関する書類が送られてきます。一般的には、今までの賃料や今後の賃料が記載された契約更新に関する明細書であったり、更新後の契約内容が記載された契約書、そして、火災保険の更新に関する手続き書類ではないかと思います。

今までの賃料や今後の賃料が記載された契約更新に関する明細書は、多くの場合、前回と同額の賃料であることが多いと思いますが、増額されていたり、減額されていることもあります。これを見て、賃料を交渉することも可能です。更新後の契約内容が記載された契約書には、自分の署名と捺印、連帯保証人の署名と捺印が必要になってきますので、連帯保証人が遠方に住んでいる場合は、署名と捺印をもらうのが大変かもしれません。火災保険の更新に関する書類も必要事項を記載して、提出しなければいけません。このように、様々な手続きが必要で、面倒です。