新築の賃貸物件に注目です。

新築の賃貸物件に注目です。
新築の賃貸物件に注目です。

賃貸物件に長期で住む場合

長期間住まうことを想定して、賃貸物件を選ぶ場合、先を考えた間取りであるとか、老齢になっても不自由のない地域環境など、色んな点を考えるものです。その中でも大事なのは、設備機器と建物の構造です。これらが新しいほど、10年以上住んでも快適さを守ることができると言えます。そのため、長期住まいを考える人たちは、新築物件を選びがちです。しかし、新築物件は、人気のある場所から、すぐに仮予約されてしまい、知った時には、既に空室がなく、キャンセル待ちということも少なくはありません。私たちの自力では、情報をすぐに得られませんし、場所と新築の二語にだけ捉われがちです。結果として、無駄に高額なところと契約してしまったり、物件を得られず諦めるということになったりします。

不動産会社に相談すると、常に新しい情報をメールやファックスしてくれますし、その情報も、私たちのように固執しておらず、築浅や都会でないけれども、公的交通機関でカバーできる場所なども含めて発信してくれます。新築よりも築浅の方が、自分たちの希望にあっていたさえ、とてもお得です。また、郊外の公的交通機関の駅近くの物件であれば、都会の喧騒さを避けられる上に、交通の便が、全てをフォローしてくれます。不動産会社の情報は、私たちの視野も広げてくれるのです。