新築の賃貸物件に注目です。

新築の賃貸物件に注目です。
新築の賃貸物件に注目です。

賃貸マンションのほうが分譲マンションよりも高く付くのは本当?

賃貸マンションは分譲マンションに比べてトータルの支払金額が高く付くというのは一般的な考え方になっていて、誰もがそう思い分譲マンションを購入する傾向にあるのですが、実際にそれは本当なのでしょうか?そこにはちょっとした落とし穴がありそうです。まずこの様な話をしている方は大抵、大前提としてそのマンションに住み続けるという条件で話を進めていくのですが、転勤や引越の可能性がある人にとっては必ずしも当てはまらなくなります。例えば10年後に引っ越しをしなくてはいけない可能性がある場合には分譲マンションを購入した場合、共益費を毎月支払わなくてはいけません。それに分譲マンションを売却するための費用もかかりますし、簡単に売却できないかもしれません。

その様な条件で考えていくとどうしても高くついてしまうという可能性はないとは言い切れないのです。さらにローンで購入した場合には借入金額と売却金額の差額を金融機関に支払わなくてはいけなくなりますので、マイナスになる可能性は大きくあります。その点で考えると賃貸マンションのほうが有利担ってきますので、引っ越しの可能性が数年後にある場合は分譲マンションよりも安上がりになるという事なのです。