新築の賃貸物件に注目です。

新築の賃貸物件に注目です。
新築の賃貸物件に注目です。

バストイレ一緒の賃貸物件

バストイレが一緒の賃貸物件に住んでいる人の中には不便を感じている人が多いです。バストイレが一緒だと、家賃が安かったと言う理由の人が多いです。同じアパートやマンションの中でも、バストイレが一緒の部屋と、別の部屋があったりします。バストイレが別だと数千円家賃が高くなるので、一緒の方を選ぶ人が多いですが、入居してから別がよかったと思う人もいます。まず、バストイレが一緒だと、とても狭く感じます。そして、トイレとお風呂の間に洗面所があるので、とても使いにくいです。湯船にお湯をためることができず、シャワーのみで過ごしている人が多いです。

湯船にお湯をためる場合は、髪を洗ったり、体を洗ったりすることができなくなります。そして、シャワーカーテンをしたとしても、トイレ側に湿気が行くので、トイレットペーパーが湿ってしまうことが多いです。換気扇が付いていればいいですが、換気扇だけだと、数時間経ってもお風呂やシャワーカーテンが濡れていることがあるので、カビが生えやすいです。ホテルなどでは、1日や2日過ごすだけなので我慢できますが、何年も住む家であれば、仕事で疲れた後にゆっくりお風呂に入ったりしたいです。特に冬はシャワーだけでは寒いので、バストイレ別を選んだほうがいいです。

おすすめ記事