新築の賃貸物件に注目です。

新築の賃貸物件に注目です。
新築の賃貸物件に注目です。

賃貸の入居審査の現状

賃貸物件を借りて住むことを賃貸暮らしや賃貸生活と言います。賃貸暮らしは簡単にできそうでいて、借りるまでに意外と手間がかかります。賃貸契約をするということは、家主にとっては、まったく見知らぬ人物に大事な不動産を貸すということなので、それなりに信頼できる人物でなければ貸してもらえないのが普通です。信頼できる人物かどうかを審査するのが、「入居審査」です。入居審査は、賃貸契約をしても大丈夫な人物かどうかを判断するための審査です。

「きちんと毎月家賃を支払えるだけの収入があるか」「近隣に迷惑をかけるような人物ではないか」「過去にトラブルを起こしていないか」などが重点的に調べられることになります。こう言うとすごくハードルが高そうなイメージがありますが、長く安定して仕事をしていれば、大抵の物件は借りれます。それに今はどこの賃貸も空き室だらけで、一人でも多くの人に部屋を借りて欲しいのが家主の心情です。要するに今賃貸は借り手市場になっていますので、よっぽど厳しい家主でなければ借りれるようになっています。仕事をしていなくても100万円以上の貯金があれば借りれる場合もありますし、借り主が無職でも連帯保証人が有名企業に勤めていれば借りれることもあります。

おすすめ記事